デジカメ写真や動画を外付けハードディスクに保存していたことがあるのですが、ディスクのハードウェア障害で大切なデータが消えてしまった苦い経験があります

その経験から、ハードディスクはいつか壊れるものという考えに変わりました。

大切なデータを確実に保管する方法として一番確実だと思ったのが、ハードディスクの2重化です。
2つのハードディスクに同じデータを保存しておけば、片方のハードディスクが壊れても大切なデータを紛失せずにすみます。

2重化は、手動ですることも可能ですが面倒ですし、もしかするとコピー忘れのミスをしてしまうかもしれません。

そこで良い商品を見つけました。購入したのでレビューです。

 

 

自動的に2つハードディスクにデータを保存してくれるディスク装置です。

商品名は「RS-EC32-U3R」です。

RS-EC32-U3R

内容物は、「本体」「電源アダプター」「USB3.0ケーブル」「取扱説明書」「ソフトウェアCD」「予備ネジ2個」です。

IMG_5287

 

同一容量のハードディスクを2本準備し、「RS-EC32-U3R」に2本のディスクをセットして「RAID1」ディスクを作成すれば完了です。

設定はとても簡単でした。

  1. ハードディスク2本をRS-EC32-U3Rにセットする。
  2. PCにUSB3.0で接続する。
  3. 付属のRAID管理ソフトウェアをインストールする。
  4. RAID1でディスクを作成する。

これで完了です。30分もかからずに完了です。

 

RAID管理ソフトウェアのインストール

付属CDをパソコンにセットすると、インストーラ画面が起動するので、セットアップします。

photo_011995

 

RAID1ディスク作成

プログラムから「RATOC RAID監視マネージャー」を起動します。

photo_004291

セットした2本のハードディスクが表示されるので、それぞれにチェックを入れ、RAIDモードを「RAID1」にし、NTFSを指定したら、「RAID作成」ボタンをクリックします。

photo_004392

ディスク内容が失われる旨の警告が表示されるので、「はい」をクリック。

photo_004493

「RAID1モードドライブ作成正常終了」が表示されれば完了です。数秒で完了しました。

photo_004494

Fドライブとして認識されました。

Fドライブは2本のハードディスクそれぞれに同じ内容を書いているので、万が一、片方のハードディスクが故障しても、もう片方のハードディスクにデータが保存されているので、データがなくなることはありません。

あと、「RS-EC32-U3R」は結構コンパクトでいい感じです。

7,000円くらいで購入できますが、口コミレビューの評価も高く、オススメですよ♪

photo_013396

Amazonページはこちら